RIKAチョークアート工房

What's chalkart.jpg

チョークアートって何?

チョークアートとは、オーストラリア生まれのカラフルでおしゃれなアートのことです。
手描きのぬくもりと、世界にたった一つしかないオリジナル性が魅力です。
 
通常ブラックボードと呼ばれる黒い板にカラフルなチョークを使って描きます。
チョークと言っても、ここで言うのはオイルパステルのこと。ちょっとクレヨンに似た感じのものです。
そのブラックボードにチョークで色をのせ、隣り合う色同士を指でくるくるとなじませて独特の色彩と質感を出していきます。
あざやかな発色、美しいグラデーション、臨場感ある立体感が特徴です。
 
このチョークアートの技法は、Monique Cannon というとても魅力あふれる女性が生み出しました。チョークアートの魅力をそのまま性格にしたような、とても魅力的な女性です。
チョークアートを生み出すきっかけとなったエピソードや苦労したこと、嬉しかったこと、人との出会いなど、話してくれた様々なこと。彼女の人生での色々な出来事と感動がこのチョークアートの魅力に深みを与えているように感じました。
近年、そんな魅力あふれるチョークアートが、彼女の技法を受け継いで日本でも広まりつつあります。 

書いたり消したり 

P1000825.JPG書いたり消したり
 
このメニューボード『珈琲』は、真ん中にスペースを取ってあり、文字を自分で書いたり消したりできるようになっています。内容を頻繁に入れ替えたい日替わりメニュー等に最適です。
 
タイトルやイラストの部分は、表面に加工をしてあるので、手で触れたり水がかかったりしても消えてしまうことはないので安心です。ただし、爪など固いものなどでこすったり引っかいたりするととれてしまうので、ご注意ください。
 
書く時は、スクールチョーク(学校で先生が使うあのチョークです♪)で書いて下さい。消す時は、柔らかい布等を用いて下さい。消しにくい時は、布を水につけ固く絞ってそっと優しく拭いて下さい。あまりゴシゴシこするとベースの色が落ちてしまうので、ご注意ください。
 

カラーボード

P1000685.JPGカラーボード 
 
チョークアートのベースの板の色は、基本的には黒です。最もチョークの発色が良く、インパクトのある“かっこいい”イラストになるからというのが理由の一つです。
 
ですが、リクエストに応じて色を変える事もできます。
 
この写真の絵は、ウチの営業部長トラスケがお世話になっている動物病院に納めさせていただいたものです。
『病気やケガをしたペットが来る所なので、黒ではない色で...』『ゴールデンレトリバーがいい』とのリクエストで、色はおまかせにしていただいたので、ゴールデンレトリバーが映えるグリーンにしました。今回は額装も、ということで額も色を合わせました。
清潔感あふれる動物病院の白い壁に合う仕上がりとなったと思います。
 

取り扱いについて

取り扱いについて 
 

  • チョークアートの設置場所は、直射日光の当たらない室内が理想的です。
  • UV加工はいたしますが、長期間の屋外設置は色あせのおそれがあります。
  • ご希望に応じて防水処理はいたしますが、ボードの材質が木であるため、常に水がかかるような場所への設置はさけて下さい。
  • タイトルやイラストの部分は、表面に加工をしてあるので、手で触れたり水がかかったりしても消えてしまうことはないので安心です。ただし、爪など固いものなどでこすったり引っかいたりするととれてしまうので、ご注意ください。
  • デザインの著作権はRIKAチョークアート工房に属します。二次的使用をご希望の場合はご相談下さい。